wall paint

分けて改装

付帯塗装を一緒におこなうメリット

orange

1階のみのリフォームは可能ですが、一方2階部分との色や美しさの違いが目立つことになります。そのため特に戸建住宅においては、外壁塗装は建物全体の外壁に対しておこなわれています。 そしてそれにあわせて、付帯塗装もおこなわれることが多いです。付帯塗装とは、外壁と隣接している部分の塗装です。たとえばベランダの天井、いわゆる軒天や、屋根と外壁の間にある破風板、外壁に這わせる形で取り付けられている排水管などの塗装です。 これらの部分は、外壁と隣接しているからこそ、外壁塗装後には汚れが目立つようになります。そのため外壁塗装の際に、一緒に塗装がおこなわれることが多いのです。それにより戸建住宅は、全体的に美しく見えるようになります。

付帯塗装を一緒におこなった場合の費用

戸建住宅の外壁全体を塗装する場合、費用は50〜60万円ほどかかります。それに対して付帯塗装の費用は、5〜10万円ほどとなっています。 ここまで大きな差があるのは、外壁塗装の費用に、足場設置代や養生代、洗浄代などが全て含まれているからです。つまり外壁塗装の費用は、塗装費用のみではないということです。 また、外壁洗浄の際には付帯部分の洗浄も一緒におこなわれます。あえておこなうわけではなく、外壁を洗浄すると、隣接している付帯部分も一緒に洗浄することになるのです。そのため付帯塗装の費用には、洗浄代が含まれていないわけです。 つまり付帯塗装は、安くおこなってもらえるということです。建物の見た目を一層良くすることができる上、費用がそれほど多くかからないため、多くの人が外壁塗装時に付帯塗装も依頼しています。

住宅を保護する

green

外壁塗装というと、一般的には壁が汚れたり、以前塗装をした部分がはがれてしまって見た目に問題が出てきた時に行う事が多かったです。 しかし、住宅保護のために行なうということもあります。

Read More...

専門業者に相談

yellow

エクステリアリフォームの相談で第一に頭に浮かぶことは、建物を建てたハウスメーカーや工務店です。 また、エクステリア専門の施工会社もあるので、このようなお店に相談するのも方法の1つです。

Read More...

予算を決めておく

blue

エクステリアの設計やリフォームを行う際の注意点はいくつかあります。まず1番に大事なことは、やはり予算です。これらを踏まえて計画を立てておくことで納得のプランが出来ます。

Read More...